最新情報!よくわかる太陽光発電

ホーム > 太陽光発電について > 家庭用の太陽光発電ではオプションとして蓄電池を使う

家庭用の太陽光発電ではオプションとして蓄電池を使う

家庭用の太陽光発電ではオプションとして蓄電池を使うことが当たり前となっています。
なぜなのでしょうか。
それには大きな理由が隠されていました。
蓄電池を設置することにより大きな電気代の節約につながるからです。
当たり前ですが、太陽の沈んだ後では太陽光発電はできなくなります。
ところが夜中でも人間は電気を使わなくてはなりません。
夜中に使う電力を賄うのが蓄電池ということになります。
電気代を節約するための一つの大きなテクニックを伝授しましょう。
それは深夜電力を使って充電池に充電するという方法です。
そして蓄えた電力を昼間使用するのです。
そうすることにより昼間の電力の単価と夜の電力の単価の差を稼げるということになります。
しかしながらこれが太陽光発電のダブル発電とみなされる場合には要注意です。
売電の買い取り価格が下がるからです。


インターネットのサイトでは FIT というキーワードをたくさん見かけます。
一体全体 FIT とは何でしょうか。
それは電力を売電する時のルールを定めたもので、固定価格買取制度と呼ばれています。
その内容は太陽光、風力、水力、あるいは地熱とかバイオマスを利用した再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が買い取ってくれるというありがたい仕組みです。
この仕組みを作ったのが日本の政府であることは間違いのないところです。
再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が買い取ることができる期間は政府により決められています。
その期間を過ぎてしまえばもはや再生可能エネルギーは売買できないということになります。
今はそのシステムの過渡期ですから、私たちも日本の政府も、その成り行きをしっかりと見つめているような段階となっています。


FIT はエネルギーの買い取り価格を法律で決めるということですが、英語の頭文字から来ています。
それは Feed-in Tariff の頭文字をとったものです 。
この売電の仕組みを作ったのはドイツやイギリスやスペインなどの欧州です。
これらの国々が先行して売電の仕組みを作り上げました。
それを見ていた日本の政府が、その効果に驚いて、日本でもやっとその重い腰を上げることになったという次第です。
それで今では日本の政府も太陽光発電を利用した売電を推奨しています。
それには理由があります。
アベノミクス政策では、国民の一人一人が、できるだけ多くのお金を使って、自分で収益をあげなさいというのを骨子としているからです。
これからの日本は高齢者になったからといって気が抜けません。
例えば太陽光発電ビジネスなどで収益を上げる必要に迫られています。

▲ ページトップへ