最新情報!よくわかる太陽光発電

ホーム > 太陽光発電について > 太陽光発電はその規模によって2種類に分類されます

太陽光発電はその規模によって2種類に分類されます

日本の太陽光発電はその規模によって2種類に分類されます。
いったいどのようなタイプがあるのでしょうか。
一つは家庭用の小さな太陽光発電です。
これは住宅用太陽光発電と呼ばれています。
工場などが使う規模の大きな太陽光発電があります。
こちらは産業用の太陽光発電と呼ばれています。
いったいその区分はどこで線引きがなされているのでしょうか。
結論から先に申し上げますとそれは10 KW ということになります。
つまり住宅用太陽光発電は10 kw 未満の発電量で、発電した電気を家庭で消費することができます。
それに対して産業用太陽光発電ではその発電容量は10 kw 以上です。
その使用目的が産業用であることは当たり前のことです。
どちらの太陽光発電システムでも、自分たちが使った後に残る余剰電力は売電することができます。


余剰電力は住宅用太陽光発電の場合では電力会社などに買い取ってもらえます。
産業用の太陽光発電でも同じです。
発生した余剰電力は電力会社などで大量に買い取ってもらうことができます。
これには理由があります。
日本の政府はソーラー発電を支援するために、それを促進するような仕組みを次々と考えているからです。
売電の仕組みも、その仕組みのうちの一つです。
家の屋根やカーポートの屋根に設置したソーラーパネルを利用して電力を得ることができます。
これらの電力は主に家庭で使ったりしますが、 余った電力は電力会社に売ることができます。
つまり太陽光発電で発生した電力量が家庭で消費する電力量よりも多い時には、売電ができるということになります。
これは実に画期的なシステムです。
なぜならば家庭の太陽光発電システムで定期的な収益まで得られるようになるからです。


太陽光発電で発生する電気は一体どのような経路を使って消費されるのでしょうか。
産業用の太陽光発電を例にとって見てみましょう。
まずソーラーパネルで発生する大量の電気はパワーコンディショナーという蓄電池にいったん蓄えられます。
こちらの電気は交流です。
パワーコンディショナーから分電盤を介して専用の蓄電池に電気が蓄えられます。
この蓄電池を介して様々な業務に電気が使えるというわけです。
例えば会社の空調の電力などをまかなうこともできます。
余った電力は分電盤の外側についている電力メーターを介して電力会社の送電線に送られるという簡単な仕組みとなっています。
家庭用でも産業用でも太陽光発電によって発生する余分な電力は売買が出来るのです。
これは実に画期的なことで、そのために太陽光発電のビジネスに乗り出す会社や個人が大発生しているという状態です。

▲ ページトップへ