最新情報!よくわかる太陽光発電

ホーム > 太陽光発電について > これからの太陽光発電の動向から目が離せません

これからの太陽光発電の動向から目が離せません

太陽光発電のメリットとは一体どんなものでしょうか。
それは地球環境に大変優しい発電システムであるということです。
それでは地球環境に優しいだけなのでしょうか。
それは違います。
本当に優れたシステムというものは、あらゆる角度から見ても、美しいものです。
そこには無駄というものが一切ありません。
そんなわけで太陽光発電は今の日本でも大きな人気となってきています。
太陽光は無尽蔵にあります。
太陽光はクリーンエネルギーでもありますが、再生可能エネルギーなどと称されています。
これは英語の源吾の直訳になります。
その本質は無尽蔵で化石燃料のように枯渇するということがないということなのです。
太陽光発電は天気さえよければそれでソーラーパネルを介して発電ができます。
雨降りや曇りの日には発電量が大幅に減ってしまいますので、それが強いて言えばデメリットです。


世界の化石燃料はあと100年で枯渇してしまうと言われてから久しいです。
思えば半世紀くらい前も同じことを言われていました。
今でも同じことが言われているのです。
ということは もしかしたら枯渇しないのではないのかという期待もできますが、それは大きな間違いです。
化石燃料というものが誕生したのには理由があります。
それはその昔の大木や、恐竜の死骸などが原料となっています。
ですからあれだけたくさんの埋蔵量があるというわけです。
ですがこれらは形あるものです。
形あるものはいつかは枯渇してしまいます。
太陽光はどうでしょうか。
太陽光は万が一太陽が突然爆発でもしない限り無尽蔵です。
私たちの生きている間は、それこそ無限にエネルギーを私たちに供給してくれます。
それが太陽光発電の一番大きな魅力なのです。
さらに太陽光発電は二酸化炭素を全く発生しません。


太陽光発電は地球温暖化対策としても最適の発電システムだということができます。
個人の住宅の屋根やマンションの屋根を利用して、そこにソーラーパネルを貼り付けて太陽光発電をしているようなものをたくさん見ることができます。
それはいったいどうしてなのでしょうか。
地球環境にとてもやさしいというのがひとつあります。
それから送電設備の問題があります。
通常の発電であれば二酸化炭素が発生しないと言われる原子力発電所から電気をもらう場合でも送電線が必要です。
住宅の屋根やマンションの屋根にソーラーパネルを置いて太陽光発電を行う場合では、発電所と電気の利用者が直結しています。
そこで送電設備が一切いらないということになります。
これはまさに一挙両得の画期的な手段であるということができます。
これからの太陽光発電の動向から目が離せません。

▲ ページトップへ